スターウォーズ最後のジェダイ感想。面白いけど”らしさ”が欲しい。

宇宙 Uncategorized

「スターウォーズ 最後のジェダイ」って面白いのな?

っていう人のために僕が実際に「スターウォーズ 最後のジェダイ」を観た感想を書いています。

この「スターウォーズ最後のジェダイ」の感想記事を読んでいただくと、面白いのか自分に合っているかどうかが分かります。

ですので、つまらない映画を観て時間を損したってことにはならないですよ。

ひとこと感想「全体的に面白かったけど、ジェダイらしさが足りない気がした。」
評価65点/100点満点中

「スターウォーズ最後のジェダイ」おすすめな人
  • スターウォーズシリーズファン
  • SF好き
  • 話題作はとりあえず観ておきたい人

僕はスターウォーズの大ファンというわけではなくSF映画は好きだなっていうぐらいの人なので深い考察とかはないです。

話題になってた「スターウォーズ 最後のジェダイ」って動画配信サービスで観れるようになってるけど、面白いのかな?と気になってるスターウォーズライト層向けの記事になっていますので観るかどうか参考にしてください。

「スターウォーズ最後のジェダイ」のあらすじ

ファースト・オーダーとレイア率いるレジスタンスの戦いは続いていた。レジスタンスが追い込まれるなか一筋の希望だったルーク・スカイウォーカーを訪ねたレイ。助けてほしいとルークに頼むがルークはジェダイは滅びるべきだと言って手を貸そうとはしなかった。

「スターウォーズ最後のジェダイ」 の感想

島

ジェダイらしさが感じられなかった。

ジェダイの生き残りルーク・スカイウォーカー。

前作フォースの覚醒のラストで登場したときは、おおこれは次作楽しみだな、どういう活躍を見せてくれるんだろうと期待しました。

しかしなんというかジェダイらしい活躍というわけではなくて、ちょっと残念でしたね。

ジェダイは滅びるべきとかそのあたりのことはいいんですが、ジェダイの洗練された雰囲気が感じられなくてスターウォーズらしさがちょっと減ってしまったかなという感じがします。

ジェダイってどんなにヤバイ状況に陥っても慌てることなく力むことなく、その状況に対応していく凄さが良かったです。

でも最後のジェダイでのルーク・スカイウォーカーとかは、なんとなく必死さがありすぎて泰然自若としたジェダイっぽさがなくて残念だったかなと思います。

あとこれまでのスターウォーズシリーズにはたぶん出てこなかった能力が登場したりして、戸惑った人は多そう。

レイア姫の異能力が凄すぎ

レイア姫ってこんなにすごい能力持ってた人なのかとびっくりしました。

レイア姫はジェダイではなかったと思うんですが、能力はすごく高かったってことなんでしょう。

まさかあの状況から生還するとは思いもしませんでした。

並のジェダイよりも高い能力があるっぽいです。

ルークといいレイア姫といいスカイウォーカーの血筋はチート級の能力を持ってますね。

そのせいか「これじゃ、なんでもありだ。」という口コミがあって、たしかにそうだなと思いました。

今までのスターウォーズでは物を動かしたり、高い場所へひょいと飛び上がることができたりするぐらいで、最後のジェダイのルークやレイア姫のような能力は見せてなかったですよね。

どちらかというとライトセーバーの剣術がすごいという面が強かったです。

そういうなんでもありな異能力バトルにならないところもスターウォーズの魅了の1つだと思います。

しかし、「最後のジェダイ」でジェダイはもっといろんなことができるんだということになったので、今後のスターウォーズシリーズが異能力バトルみたいになってしまうかもしれないですね。

カイロ・レンがあんまり悪役っぽくない

カイロ・レンが新スターウォーズの悪役なんですが、なんだかあんまり悪役らしさがないかなという印象でした。

カイロ・レン、いつでも味方になってくれそうな雰囲気なんですよね。

まだ暗黒面に染まりきっていないということなのかも。

ダースベイダーほどのものはないかなと思ってしまいました。

カイロ・レンがギャグシーンやってるぐらいですから「最後のジェダイ」はおもしろシーンをかなり意識して入れたんだと思います。

でもそのせいでカイロ・レンの悪役っぽさが減ってしまったのでしょうね。

戦艦とか出てくるだけで楽しい。

最後のジェダイ、最初のシーンでバカでかい戦艦とか出てきて戦闘機とかが宇宙戦争を繰り広げるとこがワクワクして良かったです。

やっぱりスターウォーズってこれだななんて思いながら観てました。

戦艦とかいろいろ出てきてワ〜ってやってるのって観てて単純に楽しいんですよね。

最後のジェダイ観る前に口コミ読んでたんですが、かなり不評だったので心配でしたが、最初の宇宙戦闘シーンで「やっぱりスターウォーズって楽しい映画だな。」と思えたので良かったです。

たしかに不評な部分があることは分かるんですが、全体的な印象だと面白かったですね。もうちょっとジェダイの活躍が観たかったです。

ギャグもあって良かった。

スターウォーズって銀河規模の戦争を描いているので基本シリアスな映画なんですが、たまにギャグがあったりします。

最後のジェダイはとくにギャグシーンが多かったように思います。

きっとここで劇場では笑いが起きてたんだろうなっていうシーンが多くありました。

けっこうシリアスなシーンでも笑いが起きるようなシーンがあるのがスターウォーズのいいとこだと思います。

敵のボス、スノークが弱いので見応えがない。

スターウォーズシリーズの敵のボスといえば手から電撃を放つ攻撃をしてきて、すっごい悪だなと思わせてくれるものがあります。

ですが「最後のジェダイ」のボスのシーンは、なんだか安っぽく感じてしまいました。

スノーク、あっけなくやられてしまいますし。

もうちょっと「コイツには敵わない。」ってなってからの助けてくれた!っていうのが観たかったです。

もしかしてボスまだ生きてるのかもしれないですね。

そう思うほどあっけない状態でした。

「スターウォーズ最後のジェダイ」の感想まとめ

ということで「スターウォーズ 最後のジェダイ」の感想でした。

長年のスターウォーズシリーズのファンからすると、いろいろ不評みたいです。

でも僕はたしかにこういうとこ不評なんだろうなっていうのは分かりますが、全体的には面白かったなという感想です。

やはりスターウォーズシリーズともなると、意地でも駄作にはしない最低ラインを当然のようにクリアするスタッフたちが関わっているんだろうなと思います。

次回作楽しみです。主人公のジェダイがどういうふうに覚醒するのかってとこが面白そうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました