ローグワン感想。絶賛するほど面白くない。スターウォーズファンなら面白い映画。

宇宙 Uncategorized

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーって面白いのかな?

という人のためにAmazonプライムビデオで「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を観た僕が感想を書いています。

この「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の感想記事を読んでいただくと、自分の好みに合う映画なのか面白いのかが分かります。

ですので、つまらない映画を観て時間を損したってことにならないですよ。

注意

僕はスターウォーズシリーズの熱心なファンではありません。なんか話題になってるから観てみようかな~っていう程度の人なので、そういう人の評価と感想ってことをご了承ください。

ひとこと感想「スターウォーズシリーズの熱烈なファンなら絶賛するほど面白いのだと思う。」

評価
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」おすすめな人
  • スターウォーズシリーズの熱心なファン
  • 宇宙戦艦とか戦闘機とかが出てくるSFが好きな人
  • ダースベーダーファンの人

ライトセーバーで戦うシーンを期待している人や、スターウォーズシリーズが好みじゃない人にはオススメしません。

それでは「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のあらすじと感想をどうぞ!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」あらすじ

帝国軍は惑星をまるごと消滅させてしまう究極兵器デススターを完成させる。

反乱軍はデススターを破壊するためにデススターの設計図を入手しようとしていた。

しかし強大な帝国軍の軍事力の前にあきらめようとしていた。

そんななか反乱軍になし崩し的に参加することになった1人の女性が反乱軍の希望となっていく…。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のネタバレなし感想

口コミでは絶賛されてるけど、そこまで面白いとは思わなかった。

普通な感じの家族

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想や口コミを観ると、みんなすごく絶賛してたので期待して観たんですが、正直絶賛するほどかな…と思ってしまいました。

もちろんつまらないなんてことはなく普通に面白かったんですが、突き抜けた面白さは感じませんでした。

ダースベーダー出てきたときは、ああやっぱりライトセーバーとか出てきたほうが面白いなってなりましたね。

映像は、これぞスターウォーズって感じできれいだった。

超巨大なスターデストロイヤーや長い足がある戦車みたいなのとか、これぞスターウォーズっていう感じのシーンが盛りだくさんでした。

そういうスターウォーズらしい風景を観るだけでも、なんとなく満足できます。

僕がスターウォーズのなかで好きなシーンが、ハイパードライブで、ドゥン!ドゥン!ってたくさんの戦艦が一瞬で到着するところです。

ハイパードライブってワープですね。

はるか遠い場所からワープして戦艦が次々と一瞬で到着するシーンは興奮ものです。

スターウォーズファンには、うれしいサイドストーリー(外伝)もの。

「ローグワン」はスターウォーズのエピソード4の前日譚です。

エピソード4でデススターの設計図を盗んできたっていう設定があるんですが、その部分を実写映画化したのが「ローグワン」っていうわけですね。

なのでスターウォーズシリーズの熱心なファンは、どうやって反乱軍がデススターの設計図を入手したのかが分かって、すごく楽しめると思います。

スターウォーズをまったく知らない人だと、デススター?なにそれ?っていう感じになってしまって、残念ながら「ローグワン」はそんなに面白くないってなっていることでしょう。

僕はスターウォーズはとりあえず観ておきたい派なのでデススターは知ってました。

でも「デススターの設計図を入手した物語が観れるなんて!」っていう興奮がないんですよね。

「ローグワン」はスターウォーズシリーズの熱心なファン人向けのSF映画です。

ジン・アーソ役フェリシティ・ジョーンズが魅力的だった。

「ローグワン」の主役はジン・アーソです。

ジンはデススターを作った科学者の1人の娘なんですね。

その科学者の名前はゲイレン・アーソ。

ゲイレンはデススターにある弱点を密かに仕込みます。

スターウォーズのエピソード4で、あんなに巨大なデススターが一か所攻撃しただけで破壊されたのは弱点があったからなんだと「ローグワン」観て初めて知りました。

そーいえばデススター、一か所攻撃されただけで崩壊するなんておかしいといえばおかしいかななんて思います。

で、そんなゲイレンの娘であるジンを演じたのがフェリシティ・ジョーンズ。

とっても魅力的な女優ですね。

力強さをかわいさを合わせもった顔だな~なんて思いました。

「ローグワン」でのヘアスタイルが、すごく似合ってます。

スターウォーズ観てない人でも楽しめるが、観てるほうが絶対面白くなる。

「ローグワン」スターウォーズシリーズのなかでジェダイが主役でないめずらしい作品です。

ジェダイっていうのは、たとえばヨーダなどライトセーバーで戦う正義側の人のことですね。

スターウォーズにジェダイが出ないなんて、つまらない作品になるんじゃって思うかもしれませんが、「ローグワン」はつまらない映画かっていうとそうじゃないです。

ジェダイじゃない無名の戦士とも言える人々が活躍する物語となっていて、普通に面白さはあります。

ただスターウォーズシリーズをまったく観てない人の場合は、スターウォーズならではの設定などが分からなくて、「なんだかよく分からないけど、がんばってる人たちがいるな」ぐらいの感想しかもてないかもしれません。

ですので、なんか「ローグワン」っていうのが面白いと絶賛されてるな~っていうことで興味を持った人は、いきなり「ローグワン」を観るのではなくてスターウォーズシリーズのほうを先に観たほうが絶対にいいです。

スターウォーズシリーズ観といたほうが、スターウォーズの世界観とかが分かるので、そのほうが「ローグワン」を楽しめます。

スターウォーズシリーズ観てないと、ラストシーンに出てきたやけに顔がぼやけて映ってるなっていう人を見たときの感動が、まったくないですから。

ここから先はネタバレあり感想です。

ちょっとぐらいネタバレあってもいいっていう人だけ読んでください。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のネタバレあり感想

ダースベイダーの無敵ぶりがカッコよかった!

ラストあたりでダースベイダーがむちゃくちゃ強いっていう描写があります。

やっぱりライトセーバー出てくるとスターウォーズだって感じになって面白さが倍増しますね。

ジェダイなどフォースを持つ者は、そこらへんの雑魚兵士が束になってかかっても、まったく敵わないのがよ~く分かるシーンでした。

ほんと、このダースベイダーが活躍するシーンはカッコよかったですよ!

主要登場人物がすべて亡くなるのは、スターウォーズシリーズで矛盾を生まないため?

「ローグワン」デススターの設計図を入手するために活躍した登場人物が全員死んでしまうんですよね。

なにも全員殺さなくてもって思うんですが、そうしないとスターウォーズシリーズの全体的なストーリーが破綻するからなのかもしれません。

エピソード4より後のストーリーで、デススターを盗んだ英雄であるジン・アーソがここで出てこないのは変だ!なんてことになってしまいかねないのかななんて思います。

でも、そういうのは後付けでなんとでもなるとは思うんですが。

ジン・アーソっていう魅力的なキャラクター、これから制作されていくであろうスターウォーズシリーズで登場するようになってほしかったですね。

実は脱出してました!ってことには・・・ならないかな?

Amazonプライムビデオでオマケ映像があった。時間に余裕をもって観てください。

僕は「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」Amazonプライムビデオで有料レンタルして観ました。

「ローグワン」本編の上映時間は133分と2時間以上あるんです。

それでも長いんですが、あきらかに物語終盤になってる展開なのに残り時間がやけにあって「え?デススターの設計図盗んだ後も、まだ続くの?」って思ってしまいました。

しかし、そうじゃなくて本編終わった後にキャストのインタビューとか特典映像があったんです。

これまたたしか1時間以上はあったと思います。

僕はこの特典映像全部観れませんでした(涙)

なんでかっていうとAmazonプライムビデオで有料レンタルした場合レンタルできる時間が決まっているからです。

そのレンタル時間が過ぎてしまうと観れなくなってしまいます。

なので、これからAmazonプライムビデオで「ローグワン」を有料レンタルで観る人は、ぜひ時間に余裕をもって観るようにしてください。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の感想まとめ

ということでローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想でした。

まとめると、

  • 口コミで絶賛されてるほどは面白くなかった。
  • ジェダイが出なくてもスターウォーズらしさにあふれてる。
  • スターウォーズファンなら、すごく面白いと思う。
  • フェリシティ・ジョーンズが魅力的だった。
  • スターウォーズシリーズを先に観たほうが、絶対楽しめる。
  • ダースベイダーかっこいい!
  • 活躍した主要登場人物すべて死亡なのはシリーズのストーリーで矛盾を生まないため?
  • Amazonプライムビデオでレンタル購入する場合は時間に余裕をもって観てください。

といったところです。

やっぱりスターウォーズって、つまらない作品がないのがすごいですね。

正直、そこまで深みのある物語とかキャラクター設定ではないと思うんですが、その圧倒的な世界観が観てて面白いです。

SF好きなら絶対にチェックしておくべきシリーズですよね。

「ハン・ソロ」の感想記事も書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました